男性と女性

3dプリンターはメーカーによって値段が違う

3Dプリンター

話題のOA機器

3Dプリンターは今話題のOA機器です。しかし導入コストがかかることがネックになっています。プレゼンや試作品の作成において実際の模型があることは大きなメリットになります。そのため最適化やコスト削減を実現させることも可能なのです。

ボタン

高品質で低価格になる

中古複合機は本体価格が大幅に安くなり、印刷品質は十分高くなっていることが魅力です。多くの場合はメンテナンスが必要ですが、トナー交換や清掃、グリスメンテナンスで稼動状態は大幅に改善されるため、お手入れができるスタッフがいる場合は中古でも十分役立ちます。

性能で比較して選ぶ

3Dプロッタ

性能と互換性が大切

3dプリンターを販売しているメーカーそれぞれに何種類か性能の異なるプリンターが提供されていますが、同じ3dプリンターメーカーから購入を検討する場合には、積層ピッチの精度が高いものを選ぶのが基本です。細かな造形もデザインできるプリンターでないと長く使っていくのに不利になります。モデリング技術が向上してきてから使えなくなってしまうような3dプリンターでは、買い替えなどのコストがかかってしまうので、最初から性能の良いものを選んだほうが良いです。性能以外にもアフターサポートの有無や保証の有無、無料修理期間が長いメーカーを選ぶというのも大切です。3dプリンターは樹脂を溶かして積層していくという性質があり、メンテナンスが定期的に必要です。使用する樹脂にも幾つか品質と種類があるため、メンテナンスや修理の過程で個人ではできないレベルのトラブルが発生していることもあります。そんな時にはパーツごと交換することもできますが、メーカーの無料修理を利用すれば素早く故障している部分を交換でき、メンテナンスも簡単にできます。メーカーによって異なる3dプリンターの性能、サービスは購入前にしっかり比較しておきましょう。保証サービスや付属しているドライバソフト、3Dモデルソフトなどを比較しても選べるので、さまざまな点を比べて見ましょう。少しでも性能が良いもので、アフターサービスも充実している3dプリンターを見つけられれば長く利益につながります。

レディ

用途によって最適なものを

インカムをレンタルする際には用途にあわせて最適な製品を選びましょう。高性能な製品はコストも高くなります。本来必要な機能だけを選定し選ぶには業者選びよりも先に使用用途を明確にしましょう。選ぶべき機種が見えてきます。