会社

3dプリンターはメーカーによって値段が違う

  1. ホーム
  2. 高品質で低価格になる

高品質で低価格になる

ボタン

低コストで高品質印刷する

A3カラーコピーを1分間に20枚以上のスピードで実現するような場合は、複合機を購入するだけで40万円以上はかかるのが一般的で、事務所によってはリースやレンタルを活用することもあります。しかし、長期間のリース・レンタルは逆にコストがかかってしまうため、中古良品の複合機を購入したほうがコストを抑えることができます。高品質な複合機であればそう簡単に壊れることはなく、中古でもトナー交換やちょっとした修理、メンテナンスで全く問題なく稼働することが多いです。価格も3割程度に抑えることができれば、大幅にコストを削減できます。中古の複合機で気をつけなければいけないのは、排熱の問題とインクにじみです。排熱効率が落ちている場合は単純に内部にホコリが溜まっているだけなので、必要な部分のホコリを取り除けば、熱を抑えることができます。インクがにじんだり、印刷スジが入ったりする場合にはインクヘッド周辺でネジが緩んでいたり、一度漏れた箇所から悪さをしていたりするため、清掃とグリスメンテナンスでかなり状況が改善されます。中古複合機を購入するメリットはとにかく安く高品質印刷ができることですが、デメリットとして初期のメンテナンスや修理などが必要になることくらいです。個人でメンテナンスができるのであれば、中古の複合機のほうが十分活用できるため、スタートアップや一時的な需要がある時には中古の端末でも十分対応できるでしょう。