会社

3dプリンターはメーカーによって値段が違う

  1. ホーム
  2. 話題のOA機器

話題のOA機器

3Dプリンター

最適化とコスト削減

3Dプリンターは最近話題になっているOA機器の一つです。まだ導入費用やランニングコストは高額なのですが、ビジネスを有利に進める上で活用することができるメリットも多くなっています。営業で取引先にはパンフレットや画像や動画などを用いてプレゼンテーションを行います。3D画像などを駆使しCG画像などを作成することも可能になっています。そのため、リアルに取引先に完成品の状況を伝えることができるようになっていますが、あくまでも平面のものになります。しかし3Dプリンターを用いた試作品を使用すると実際に手に取ってみることができるようになります。3Dプリンターでプレゼン用の模型の政策を行うことでプレゼンテーションを有利に進めることができるようになります。社内の会議も順調に進みます。設計フェーズでは、考えを口頭で伝えることが一般的です。しかし3Dプリンターで試作品を作ることで、デザイン検証などをすることができるのです。言葉の解釈の違いなどを防止することができるため、食い違いを起こさずに完成品を作成することができるようになります。実際に形にしないと検証ができないことを解消する役割も持っています。施策品の早い段階で修正することが可能になるため、開発時間の短縮にも役立つのです。また同時にコストも節約にもなります。3Dプリンターの維持費を込みにしても、安くなることが想定されます。業務の効率化を図ることもでき、クライアントにも喜ばれるのです。